読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

棚からへそくり

働きません、勝つまでは。

イヤホンを試聴しに行ったら、ヘッドホンを買ってた話(後編)

前回の続き…。

ヘッドホンは1万以下の安いのから10万を超える高いのまで片っ端から聴いていったけど、その中で一つだけ、好みの音ど真ん中のがするのがあって。
B&WのP7ってやつなんだけど、もう好み過ぎて他のどの機種を聴いてても、こっちが気になって何度も戻ってきてしまうような麻薬的な魅力があった。音のバランスと、一番求めていた音場の広さが素晴らしい。ガチガチの電子音楽だと打ち込みのシンバルなんかが若干シャリつくけど、それを除けばほんとパーフェクトって言っていい。ネットのレビューでも絶賛されてるのも納得。レビュー見たの買った後だけど。

 

ここずっと物欲湧かなくて、本とか服とか必要なモノしか買ってなかったけど、久々に商品に惚れて買い物ができた。普段そんなに使う機会のないヘッドホンに、5万はちょっと出し過ぎた気もするけど、麻薬を買うことを思えば(どこで売ってるのか知らないけど)全然安いし、しばらくはこの中毒性の虜になっていようと思います。それにしても良い音だ…。