棚からへそくり

働きません、勝つまでは。

アレンジャーの腕次第で曲は大きく変わる

ということで、今日はハロ曲(特にモー娘。)ではお馴染みの作編曲家、大久保薫さんのアレンジについて少し。

以前ご紹介した通り大久保さんは私の一番好きなアレンジャーでして、氏のアレンジの魅力を挙げだすとキリがないのですが・・・。今日は特に私のお気に入りである"サビで鳴らすストリングスのオブリガート"を紹介したいと思います。って文字で書いてもよくわからないので、早速いくつか参考動画でも。

 

まずはこれとか


モーニング娘。気まぐれプリンセス

 

これとか


モーニング娘。 『愛の軍団』

  

これもそう(民族楽器が入ってる)


Berryz工房cha cha SING

 

とまあよく使われているのですが、個人的に特に素晴らしいと思うのが、モーニング娘。 『Happy大作戦』ですね。もう聴いてるだけで、脳から変な汁が溢れてきそうです。 (公式MVがなかったので動画は割愛させてもらいます・・・)

こんな風に裏メロでストリングスを使うのは、サビを盛り上げるよくある手法だとは思うのですが、大久保さんのアレンジは特に他の音と綺麗に絡んでいて、聴いていてとても心地良い。また使ってるなーとは思いながらも、やっぱり毎回魅了されてます。

最近は敢えてストリングスの使用を控えているような印象もありますが、個人的にはこの絶妙な絡みによる高揚感がたまらないので、またぜひ使ってもらいたいものです。

 

関連記事