読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

棚からへそくり

働きません、勝つまでは。

「ところで君、ちょっと酒臭くない?」

自分と同じ大学院を志望してた学科の友達、結局自大の院に行くことにしたそうです。

みんな何だかんだ言って、結局学内推薦が出たらそれを使って上にあがる。そりゃそうです。よそを受けるには自大の推薦を蹴らないといけませんし、受かる保証もない院試の勉強を研究と並行してやるのは想像以上に辛いですもの。それで合格できたらいいですけど、落ちてしまった場合は自大を一般で受け直す羽目になって、たいていの場合受験科目が異なるのでまた余計に勉強しないといけないし。もはや100害あって1利か2利ぐらいしかありません。

 

そんなこんななんですけど、私は一般組に回る覚悟で推薦を蹴りました。ま、まあ他所受けるぐらいだから、自大の院試とかよよよ余裕だし・・・!!!

いや実際、電磁気学とか本命で出ない+苦手な科目が受験科目にあるのは面倒ですけど、ちゃらんぽらんな先輩でも受かってるあたり、普通にいけると思うんですよね。言ってもスーパーど田舎の大学院ですし、噂では落ちるのなんて数人ぐらいだって話なので。まあその数人に自分が該当しない保証はありませんが。

 

もちろん理想は一般に回らないまま受験シーズンを終えることです。とはいえ過去、高校受験、現役、浪人と、模試やら過去問ではわりと良い結果を出せても、本番では毎度爆死するぐらいに本番に弱いタイプなので何とも言えません。緊張するとすぐ頭が真っ白になってしまうんですよね。特に院試は面接があるので、もはや不安しかないです。

酒でも飲んで受ければ良い結果が出るかなあ。